骨董は栄光の架け橋になるか 色の帯

高い骨董の買い取りをするためには付属品の保存が大切

骨董をできるだけ高く買い取りをするためのお役立ち情報がいろいろありますが、その1つの方法が、付属品をきちんと残しておいたほうがよいということがあります。骨董が本物であることを証明するための信頼出来る鑑定書や、保証書などを保存しておくと高く買い取りをしたい時にはお役立ちます。できれば、箱も残しておくと買い取り額もアップさせるのにお役立ちます。 きれいにデザインされた着物や日本の伝統を感じさせる茶道具などの骨董品には、きちんとした収納するための箱や袋がついていることが多いです。やはり、高い骨董になると、箱や袋自体にも非常に高い価値があるのです。そのため、箱や袋がきちんと付いているかいないかで、買い取り価格が変わってきます。特に焼き物などは、その作品独自の箱が備わっていることが多いので非常に大切です。また、陶芸でも有名な作者の作品などには、箱に作者が何か書いている場合があったりして、箱そのものに高い値段がついたりします。