骨董は栄光の架け橋になるか 色の帯

骨董品の鑑定とは職業だ

骨董商という商売は、かなり昔からある職業で、常に骨董品に対する鑑定を的確にしなければ成り立たない商売と言えますが、その骨董品の持つ価値には雲泥の差があり、偽物も多く存在し、如何なる由緒ある骨董商と言えども、一度や二度は、とんでもない偽物を購入させられています。骨董品には鑑定書という保証書のようなものが付いている場合も多く、これに信頼性を見出す人も多いのですが、この鑑定書ですら偽造することを商売にしている人が後を絶ちません。したがって、鑑定書の信頼性も最早あてにはできない状況です。それでは何を頼りに価値判断をすればいいのか、ということになりますが、如何に多くの骨董品の偽物を見て本物との違いを分析するか、という結論に達します。有名な鑑定家であっても最初から骨董品に目が肥えているわけではありません。少しの差であっても、その微妙な差に敏感になることによって自然に知識が身に付き、鑑定能力が蓄積されて行くものだと言えます。